このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。

核兵器廃絶に向けた平和メッセージ投稿キャンペーン
~メッセージを投稿し、平和への願いを共有しよう~

 2021ピースアクションinヒロシマ・ナガサキでは、一人ひとりが核兵器廃絶のために「今、自分ができること」について考え、メッセージを投稿することにより平和への想い・願いを共有します。

<キャンペーン期間>
 2021年7月1日~8月31日

<テーマ>
「あなたが平和を感じるのはどんなとき?」
「あすを平和に過ごすために、あなたは何をしますか?」

 「戦争も核兵器もない平和な未来」について、あなたは未来につながる「あす」をどのように過ごしたいですか。
 また、「平和」について、自分の日常に当てはめて考えてみましょう。ふと思いついたアイデア等でOKです!

【投稿方法】
CO・OP PEACE MAPの平和のメッセージ欄に投稿をお願いします。
投稿されたメッセージは、折り鶴となりマップ上に表示されます。

STEP 1
CO・OP PEACE MAPへ
CO・OP PEACE MAPにアクセスし、「デジタルアースを閲覧する」をクリック!
CO・OP PEACE MAPはこちらから
※使用するブラウザはGoogle Chromeを推奨します。
STEP 2
メッセージを投稿しよう!

右下の青い枠の中にメッセージを投稿してください。あなたのメッセージが折り鶴となって地球儀上に表示されます。

STEP 3
折り鶴でいっぱいに!

想いをこめた折り鶴で地球をいっぱいにしましょう。

STEP 3
折り鶴でいっぱいに!

想いをこめた折り鶴で地球をいっぱいにしましょう。

投稿していただいたメッセージは、こちらでもご紹介します。

  • 一部のメッセージは、8月5日(木)「ヒロシマ 虹のひろば」および 8日8日(日)「ナガサキ 虹のひろば」でご紹介します。是非ご覧ください。詳細はこちらから
  • 東京大学 渡邉英徳研究室と株式会社ユーカリヤの協力のもと、「ヒロシマ・アーカイブ」と「ナガサキ・アーカイブ」上にも反映されます。詳細は下記をご覧ください。

ヒロシマ・アーカイブとは

 被爆者の体験談をはじめとする資料を、デジタルアース上に重層表示した「多元的デジタル・アーカイブズ」。東京大学 渡邉英徳教授が主宰するヒロシマ・アーカイブ制作委員会が2011年に公開。地元の高校生・全国のボランティアと連携して証言を収集し、アーカイブを育む「記憶のコミュニティ」がつくられています。
ヒロシマ・アーカイブはこちらから

(提供:ヒロシマ・アーカイブ制作委員会)

ナガサキ・アーカイブとは

 Nagasaki Archive制作委員会が2010年に公開。長崎原爆資料館・国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館・高校生1万人署名活動などの協力を得て、アーカイブ資料が拡充され続けています。
ナガサキ・アーカイブはこちらから

(提供:Nagasaki Archive制作委員会)