このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

2022ピースアクション
inヒロシマ・ナガサキ

特設ポータルサイト



みんなで一緒に、
平和について考えましょう!
全国生協の平和の取り組みをご紹介するページです

オンラインみんなのひろば

 全国の生協では、戦争・被爆体験の継承や、世界のさまざまな戦争や紛争、基地問題、憲法など、多角的なテーマで平和を考える取り組みをおこなっています。戦跡や記念館・資料館、美術館など、地域にある戦争に関する施設や遺構を見学し、身近なところから戦争の実相を考える活動をご紹介します。
 お住まいの地域や隣の県の生協の活動を、ぜひご覧ください。
随時、全国生協のみなさまからの投稿を更新しています。

北海道・東北

コープさっぽろ
コロナ禍で組合員活動が制限される中、全道の地区委員会は、平和の取組として地元の戦跡めぐりを行った記録。2020年平和の取組集をスライドショーにまとめました。詳細はこちらから。
みやぎ生協
国見ケ丘店エリアのメンバー活動として、仙台平和七夕に取り組み、素敵な七夕飾りが店内に掲げられました。今年度は13店舗と本部に平和七夕が飾られます。詳細はこちらから。
みやぎ生協
高砂駅前店で「沖縄戦跡・基地めぐり2021ピースアクション学習会」を開催し、沖縄の実相が参加者の心に深く刻まれました。詳細はこちらから。
みやぎ生協
「日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める意義を考える」学習会を開催しました。
 宮城県被爆者の会の木村緋紗子さんを講師に、メイン会場の他、12のサテライト会場を結び、120人が参加しました。詳細はこちらから。
コープあきた
日本最後の空襲といわれる土崎空襲について学ぶため、秋田市土崎にある土崎みなと歴史伝承館にて 『土崎空襲 講話学習会』 を開催しました。詳しくはこちらから。
みやぎ生協
<高校生に平和の継承を!!> 宮城県内の高校に「沖縄の現状や歴史を学ぶ」 学習資料を寄贈しました。詳しくはこちらから。
みやぎ生協
2021子ども平和会議に参加して「どうしたら戦争や核兵器の使用など争いごとがなくなるのか」を話し合いました。詳細はこちらから。
みやぎ生協
平和委員会は「平和がいちばん」をテーマに活動しています。2022年度は「憲法」について学び伝え、「絵本」を通して子育て世代への「平和」を考えるきっかけ作りをしていきます。詳細はこちらから。
生協共立社
北村山生協では、毎年「平和のつどい」実行委員会主催で「平和のつどい」を開催しています。今年も、4月30日(土)村山市民会館大会議室を会場に57名の参加者を迎え、平和を考える1日となりました。詳細はこちらから。
コープさっぽろ
コロナ禍で組合員活動が制限される中、全道の地区委員会は、平和の取組として地元の戦跡めぐりを行った記録。2020年平和の取組集をスライドショーにまとめました。詳細はこちらから。

関東・甲信越

コープみらい
6月9日(水)・6月13日(日)千葉市きぼーる1階アトリウムで開催された「ピースフェア2021in千葉」に、千葉4区ブロック委員会も出展しました。詳しくはこちらから。
東都生協
「東都生協平和のつどい」は、歴史の事実を学び、次の世代へつなぐ機会として、組合員からの平和募金を活用して開催しています。今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3月13日(土)オンラインで開催しました。動画で見る、「戦争ほうきをつくろう」・戦争ほうきって?編を紹介します。詳しくはこちらから。
東都生協
「東都生協平和のつどい」は、歴史の事実を学び、次の世代へつなぐ機会として、組合員からの平和募金を活用して開催しています。今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3月13日(土)オンラインで開催しました。東都生協組合員の平和活動は、(一社)東友会を抜きには語れません、動画で見る、東都生協と(一社)東友会のつながりを動画で紹介します。詳しくはこちらから。
パルシステム東京
1分動画でパルシステム東京の「平和」取り組みをご紹介します。「Pray for Peace 平和活動レポート(2020年度)」も是非ご覧ください。詳しくはこちらから。
ユーコープ
ユーコープは基本理念「人―社会-自然の調和ある平和な社会の実現に貢献する」のもと、戦争のない平和な社会、一日も早い核兵器廃絶、世界の子どもたちが平和に暮らせる社会の実現をめざしています。2021年度の平和に関する取り組みについてご紹介いたします。詳しくはこちらから。
パルシステム千葉
パルシステム千葉は、6月19日(土)にピースアクション「未来への継承~被爆者証言を聴く~」をオンライン開催しました。詳しくはこちらから。
千葉県生協連
3月 12 日に「子どもたちに平和な未来を 2021」を新型コロナウイルス感染防止のため、Zoom によるオンラインで開催しました。詳しくはこちらから。
パルシステム埼玉
パルシステム埼玉は、3月13日(土)に埼玉県東松山市下唐子にある「原爆の図 丸木美術館」の見学会 を開催しました。詳しくはこちらから。
パルシステム群馬
少年少女ヒロシマの旅を実施し、小学5~6年生の6名と職員2名で広島へ訪問しました。詳しくはこちらから。
全国大学生協連
未来と向き合い平和について考える「大学生協の戦後75年特設サイト」。詳しくはこちらから。
コープみらい(東京5ブロック)
平和の大切さを伝え続けていくために、毎年地域クラブと東京5ブロック委員会との共催で「むさしの戦跡めぐり」を開催しています。この機会に平和の大切さを改めて考えていただけたら嬉しいです。詳しくはこちらから。

コープみらい(埼玉中部ブロック)
陸軍飛行学校を復原・整備した桶川飛行学校平和祈念館をほぺたんと見学しました。詳しくはこちらから。

いばらきコープ
茨城大学の学生と協力して茨城県の戦跡DVDを制作します。詳しくはこちらから。
埼玉県生協連
埼玉県生協連ピースフォーラム~核兵器をなくすために必要なこと~を、川崎哲さんを講師に迎えて、埼玉会館3C会議室とZoomによるオンラインで開催しました。詳しくはこちらから。
千葉県生協連
平和の懇談会「考えてみませんか、へいわについて~私が考える平和、あなたが考える平和、平和ってなに?」を開催しました。詳しくはこちらから。
埼玉県生協連
第37回埼玉県原爆死没者慰霊式の事前宣伝とあわせ、核兵器禁止条約締約国会議を多くの国の参加で成功させようと訴えました。詳しくはこちらから。
パルシステム群馬
毎年開催している憲法学習会を今年は東毛地区のエリアくらぶ(おおたPal☆ふぁん)と連携して開催しました。詳しくはこちらから。
パルシステム群馬
戦後76年が経過し、唯一の戦争被爆国として、被爆者の体験や平和への想いを次世代に語り継いでいくために被爆体験伝承者をお招きして、被爆の実際の有様や平和への想いを伝えていただきました。詳しくはこちらから。
東都生協
5月22日(日)に「2022ピースアクションin TOKYO」 を、3年ぶりとなる東京ウィメンズプラザホールでの開催とあわせてオンラインで配信するハイブリッド形式で開催しました。詳しくはこちらから。
コープみらい(埼玉エリア 埼玉北部ブロック委員会)
終戦前夜に受けた「熊谷空襲」をご存じですか?
今もひっそりと残る戦跡をほぺたん(コープデリキャラクター)と一緒に巡り、平和について考えましょう。詳しくはこちらから
コープみらい(埼玉エリア 埼玉中部ブロック委員会)
コープみらい埼玉中部ブロック委員の子どもたちが、平和の活動や学習会に参加して気がついたこと、大事だと思ったことを伝えます。詳しくはこちらから。
東都生協
「東都生協平和のつどい」は、歴史の事実を学び、次の世代へつなぐ機会として、組合員からの平和募金を活用して開催しています。今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3月13日(土)オンラインで開催しました。東都生協組合員の平和活動は、(一社)東友会を抜きには語れません、動画で見る、東都生協と(一社)東友会のつながりを動画で紹介します。詳しくはこちらから。

東海・北陸

コープぎふ
コープぎふは「台所から平和を」をスローガンにかかげ、平和を考える取り組みを行っています。そのひとつとして、平和の象徴「折り鶴」を折ることを呼びかけ、約12,750羽の折り鶴を広島市にお届けしました!詳しくはこちらから。
コープみえ
6月19日に絵本作家のアーサー・ビナード氏をお迎えし、平和の紙芝居「ちっちゃい こえ」の読み聞かせと講演会を開催しました。詳しくはこちらから。
コープあいち
平和アーカイブサイトを公開しました。被爆・戦争体験の継承と平和の取り組みを多くの方に知っていただくことを目的に公開しました。取り組みの記事や、被爆・戦争体験証言動画など、平和の尊さを考えることができるサイトになっています。詳しくはこちらから。
コープみえ
4月29日(金)に平和の絵本読み聞かせ会を開催し、オンラインで12組(22名)が参加されました。詳しくはこちらから
















コープぎふ
コープぎふは「台所から平和を」をスローガンにかかげ、平和を考える取り組みを行っています。そのひとつとして、平和の象徴「折り鶴」を折ることを呼びかけ、約12,750羽の折り鶴を広島市にお届けしました!詳しくはこちらから。

近畿

大阪いずみ市民生協
2021私の戦争体験<第43集>が7月12日(月)に発行されました。HP戦争体験アーカイブでもお読みいただけますので是非ご覧ください。詳しくはこちらから。
おおさかパルコープ
今年2022年は、実行委員会を中心に組合員活動委員会主催のもと、コロナ感染拡大防止対策として参加者を限定し、3年ぶりに出発集会と御堂筋での行進を行いました。詳しくはこちらから。
京都府生協連
核兵器禁止条約発効当日、ヒバクシャ署名京都の会に参加している会員生協では、お祝いのメッセージ動画を撮影しました。詳しくはこちらから。
ならコープ
「第3回Oneピースかふぇ」をオンライン併用で開催しました。今回は奈良県内の大学生協学生委員の方々を講師に、学生と地域の人々がつどい、学び合う貴重な場となりました。
※「Oneピースかふぇ」は、一つひとつのかけらが集まり忘れてはいけないメッセージを継承することを意味し、『One』の「O」の文字はまるいつながり、終わることなくいつまでも続くイメージを併せもっています。また、Oneピースかふぇは、参加された人々が平和について想像を広げ学び合えることを大切にしています。
詳しくはこちらから。
わかやま市民生協
2020年8月から2021年3月まで、家庭でできる平和の活動としてよびかけた「広島に届け!平和鶴!」に30,576羽の折り鶴を奉納しました。。詳しくはこちらから。
奈良県生協連
楽しく学ぼう!!憲法学習会「コロナ禍で見えてきた憲法の大切さ」を開催しました。詳しくはこちらから。
大阪よどがわ市民生協
平和グループ主催「戦跡ウォーク」を開催しました。玉造にある三光神社、旧真田山陸軍墓地を訪ねました。詳しくはこちらから。
奈良県生協連
ならコープふれあいセンター六条で、「ピースアクション㏌奈良2021『新たな国際ルール』核兵器禁止条約の発効と私たちにできること」を開催しました。詳しくはこちらから。
奈良県生協連
ピースかふぇⅢ「ヒロシマの誓い ~サーロー節子とともに~」の映画会を開催しました。詳しくはこちらから。



わかやま市民生協
2021年7月、8月に平和をテーマにした「平和の川柳」コンテストを開催し、86人から150句の川柳が寄せられました。詳しくはこちらから。
京都生協
7月5日(火)京都テルサ東館大会議室にて、ピースボート共同代表 川崎 哲さんを講師に迎え 平和の学習会を開催しました。組合員、役職員の総参加者数は100人を超え、会場へは30人、オンラインでは約80人の方が参加されました。詳しくはこちらから。
京都生協
5月19日「聞いてみよう!話してみよう!企画『京都生協 平和への願いを学ぶ!』」を開催しました。オンラインと会場参加合わせて24人が参加しました。詳しくはこちらから
京都生協
4月20日(水)オンライン(Zoom)で「京都の被爆者から被爆体験を聞く」企画を開催し、28人が参加しました。詳しくはこちらから。

















京都府生協連
核兵器禁止条約発効当日、ヒバクシャ署名京都の会に参加している会員生協では、お祝いのメッセージ動画を撮影しました。詳しくはこちらから。

中国・四国

生協しまね
昨年度のコロナ禍のなか、「折り鶴昇華再生活動」をご家族単位での募集とし、12件の参加がありました。また、「戦争体験を語り継ぐ集い」も縮小規模ながら、例年通り他団体と共同開催しました。詳しくはこちらから。
とくしま生協
とくしま生協平和委員会の2020年度の取り組みの紹介です。コロナ禍で活動が制限される中、徳島県内の戦跡を紹介する動画【徳島の戦跡を訪ねて】をYouTubeで配信しました。また、【折鶴昇華再生作業】を感染対策をおこないながら各エリア単位で開催しました。詳しくはこちらから。
広島県生協連
核兵器禁止条約発効記念行事を開催しました。詳しくはこちらから。
おかやまコープ
美作エリアでは一片のモチーフに想いを込め、原爆被爆者の方へひざかけを贈っています。25年間も続く取り組みです!詳しくはこちらから。
生協ひろしま
生協ひろしまは広島の被爆者団体と「日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名活動」に取り組んでいます。是非、皆さんのご協力をお願いします。生協ひろしまHPから署名ができます。詳しくはこちらから。
生協ひろしま
今年、生協ひろしまは創立から50周年。これまでの平和の歩みをまとめました。これからも被爆地ヒロシマの生協として戦争も核兵器もない平和な世界を目指し被爆者の想いを発信していきます。詳しくはこちらから。
生協ひろしま
今年度生協ひろしまは「被爆ピアノコンサート」を県内25会場で予定しています。
被爆者である切明千枝子さんから頂きましたメッセージを全国の皆さんにもお届けします。是非、ご視聴ください。
詳しくはこちらから。
とくしま生協
シンキングピースウォーク桜編in徳島中央公園を3年ぶりに開催することができました!お天気が心配されましたが、25人(子ども10人、大人15人)の方が参加してくれました。詳しくはこちらから。
とくしま生協
とくしま生協 平和委員会では、自宅にいても平和について考える機会をもってもらおうと思い、徳島県内に残る戦跡や平和にまつわるスポットを訪ね、紹介する動画を作成しました。 今回は徳島県鳴門市大麻町にある「原爆の火 東林院」と阿南市那賀川町にある「那賀川鉄橋」を紹介します。 詳しくはこちらから。
広島県生協連
核兵器廃絶に向けて市民団体が結集! 2つの広島県原爆被害者団体協議会、広島YMCA、広島県地域女性団体連絡協議会、広島県青年連合会、広島県生協連合会の6つの市民団体が、2022「戦争も核兵器もない平和な世界を」市民の集いを開催しました。詳しくはこちらから。
おかやまコープ
5月13日(金)オルガホールで「平和の学習会~核兵器をなくすために、私たちにできること~」が開催され、おかやまコープ組合員や被爆者会の方など61名が会場で、28名がオンラインで参加しました。詳しくはこちらから。








広島県生協連
核兵器禁止条約発効記念行事を開催しました。詳しくはこちらから。

九州・沖縄

沖縄県生協連・日本生協連
2022年3月、沖縄戦の実相と現在の沖縄が抱える基地問題を学び平和について考える機会として、オンラインにて開催し、全国から49生協・539人が参加しました。詳しくはこちらから。

エフコープ
被爆の実相を次世代へ伝えていくとりくみの一つとして、被爆体験証言を朗読シナリオにし、そのシナリオを作成している「たんぽぽのわたげ」と、聞き書き活動に参加した地元の大学生たちに朗読していただきました。詳しくはこちらから。
エフコープ
被爆の実相を次世代へ伝えていくとりくみの一つとして、被爆体験証言を朗読シナリオにし、そのシナリオを作成している「たんぽぽのわたげ」と、聞き書き活動に参加した地元の大学生たちに朗読していただきました。詳しくはこちらから。
エフコープ
オンラインでできる「平和クイズ」!
この「平和(へいわ)クイズ」は、知って、学び、考えるための資料として作成しました。たくさんの方々に、いろいろな「場」でご活用いただければ幸いです。詳しくはこちらから。
ララコープ
<長崎碑めぐり編集篇>
長崎に原爆が落とされてから70年以上が経過しました。長崎市に残されている被爆遺構は、「核兵器も戦争もない平和な地球」への願いを語りかけています。今回それを動画で紹介しました。ぜひご覧いただき、原爆の威力や凄まじさ、平和の大切さを感じてください。詳しくはこちらから。
コープおおいた
戦後75年特別企画「わたしにとっての平和」でお寄せいただいた「平和を感じる風景部門」の作品をご紹介します。詳しくはこちらから。
コープおおいた
戦後75年特別企画「わたしにとっての平和」でお寄せいただいた「平和を感じる風景部門」「ピースメッセージ部門」の作品をご紹介します。詳しくはこちらから。
生協くまもと
熊本県下の方からお聞きした戦争体験談をYouTubeの生協くまもと動画チャンネルへ公開しました。詳しくはこちらから。
コープおきなわ
第29回6・23ファミリーピースウォーク 開催しました。詳しくはこちらから。
コープおきなわ
第29回、6.23ファミリーピースウォーク
6月23日の慰霊の日に、沖縄戦で激戦地となった南部路を組合員と一緒に追体験し歩き、平和について考える場として開催しました。詳しくはこちらから。

コープさが生協
戦争体験者の生の声を映像で流したい、戦争の記憶を風化せず後世に語り継いでいくという思いで、佐賀の戦跡を動画に収める活動に取り組みました。詳しくはこちらから。
コープかごしま
生協コープかごしまでは1945年6月17日に鹿児島市が受けた大空襲をはじめ、県内各地域での空襲や戦争体験を記録し語り継ぎ、戦争のことを体験された方の言葉で伝え、平和について考えようと、毎年6月17日に「平和のつどい」を開催しています。毎年、実行委員会を立ち上げ「平和について考え、平和の大事さを子どもたちに伝えていくこと」を視点に「平和のつどい」を開催しています。今回で37回目の取り組みになりました。詳しくはこちらから。
エフコープ
被爆の実相を次世代へ伝えていくとりくみの一つとして、被爆体験証言を朗読シナリオにし、そのシナリオを作成している「たんぽぽのわたげ」と、聞き書き活動に参加した地元の大学生たちに朗読していただきました。詳しくはこちらから。


ピースアクション特設サイト
総合ホーム
ピースアクションinオキナワ
~第39回沖縄戦跡・基地めぐり~