このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

2022ピースアクション
inヒロシマ・ナガサキ
特設ポータルサイト



みんなで一緒に、
平和について考えましょう!

2022ピースアクションinヒロシマ・ナガサキ
『平和のエッセイ』公開中です!


 2022ピースアクションinヒロシマ・ナガサキでは、『参加を通して感じたことを周囲の人に伝え、一人ひとりができることを考える』ことを呼びかけ、エッセイを募集しました。
 投稿していただいたエッセイを掲載します。ぜひご一読ください!


<募集要項>

・テーマ :戦争や核兵器のない世界をめざして私にできること

・対象者 :生協の組合員、職員とその家族

・エッセイ:800字程度

・応募期間:応募終了しました。ありがとうございました。

<応募要件>
「2022ピースアクションinヒロシマ・ナガサキ」特設サイトの
企画・動画視聴・Web限定企画に2つ以上参加すること。
※ご応募は1人1点までとさせていただきます。

ララコープ ゆでみかんさん

私なりの平和は、「ありがとう」の言葉です。ありがとうの言葉の反対は何ですか?この質問を広島の平和学習の1つで知りました。答えは「あたりまえ」。漢字の「有難う」にするとよくわかります。平和は「あたりまえ」にあるべきことだけど、いつもあることがあたりまえではなく、「有り難い」ことなんだと、改めて気付かされました。今、酸素が吸えることも地球の有り難い中の奇跡の1つであり、生きていることも有り難いことなのかも...常に意識することは難しいかもしれないけれど、生かされている今の時間を「ありがとう」の言葉で満たして生きたいと感じた今日です。

コープみらい Kasieさん

地球の裏側に響いた、平和の鐘
私がコープの平和活動を知ったのは約3年前です。戦跡巡りなどのフィールドワークを楽しみにしていましたが、ほどなくコロナ禍が始まり外出できなくなりました。
その代わりに私が力を入れたのはオンラインでの活動です。コープの活動はもちろん、海外の方との国際交流にも SNS やメッセージアプリを使うようになりました。
ちょうど長崎の原爆の日、南米ベネズエラの方とメッセージアプリで会話をする約束をしていました。前日までに「被爆の証言」と「虹の広場」の配信を視聴していたことから、私が知っていることをスペイン語で話せるように予習をして臨みました。
ベネズエラの方も、この時期日本では被爆者の追悼をしていることを知っていました。そこで私は NHK の長崎の中継をテレビで見ながら追悼の式典の様子をスマートフォンで撮り、メッセージアプリに流しました。
ベネズエラの方から「火は灯さないのか」と質問があったので、それは広島の平和の灯であること、長崎では水を求めて死んでいった大勢の人たちのために平和の泉が作られていることを話しました。配信で平和公園からの中継を見ていたので、正しく答えることができました。
さらに合唱団「ひまわり」による歌が始まると、この人達は被爆者なのかと聞かれました。私は皆高齢で今年が最後の出演になると、配信で聞いた話を伝えました。だから私たち戦争を知らない世代が受け継いでいく必要があるのだと話しました。
そして、祈りの時間です。ベネズエラの方も一緒に祈ってくれました。長崎ではキリスト教が盛んなので、あなたの国でやっているようにキリスト教式で祈ってもらえればよいと話しました。
長崎の鐘は、スマートフォンをオンにしてメッセージアプリで1分間流しました。ささやかですが、地球の反対側に平和の鐘を届けることができたと思います。

いわて生協 まゆさん

昨年に引き続き、今年もとても素晴らしい内容でした。市長さん、知事さん、生協連の方の挨拶にとても感動しました。そして今回も何人もの被爆者の方々の貴重な証言を聞く事ができました。ずっと「思い出したくない。」「語りたくない。」「差別を受けるから被爆した事を知られたくない。」とさえ思われていた方々が、「やはり2度と繰り返されてはいけない!」と平和の為に勇気を出して語って下さっている姿に、本当に感謝の気持ちと頭の下がる想いで一杯になりました。決して無駄にしてはいけないと思いました。その方々の想いを引き継いで色々な平和活動や伝承活動をされている方々にも感動いたしました。
核兵器禁止条約が発効された時は、とても感動しました。思わず「やった!」と叫んで涙が出ました。ますます核廃絶の方向に進んで行く事を期待していましたが、ロシアの侵攻で、その夢は打ち砕かれ、絶望を感じていました。でも今回参加して、とてもとても勇気と元気をいただきました。
田上市長がおっしゃっていた「市民の平和活動は、重い壁に水が染み込むように影響を与える事ができる!外から囲んで水を染み込ませていく事が大事!やり続けなければならない!どんな状況でも大きな力となって壁に水を染み込ませていく!」という内容に心打たれました!何ができるのか?まず、この素晴らしい企画をたくさんの人に知ってもらいたいと思いました。家族やお友達、知り合いにラインでお知らせしてみました。見逃し配信をしてくださっているので、本当に助かります。数人の方が見てくれました。一人でも多くの人に見てもらえたらと思っています。
又、広島長崎の子ども達が小さい頃から活発に平和活動や伝承活動に取り組んでいるのが素晴らしいと思いました。他の県でも見習えたらと思いました。その為にもコツコツこの輪を広げて行く事が大事だと感じています。


ピースアクション特設サイト
総合ホーム

ピースアクションinオキナワ
~第40回沖縄戦跡・基地めぐり~